equipment

SECURITY

  • CP認証玄関扉

    公的な防犯試験に合格し認定を受けた、防犯性の高い玄関扉を採用しています。
    (CPとはCrime Prevention(=防犯)の頭文字です)

  • 防犯カメラ

    毎日の「安心」のために、共用部分に防犯カメラを設置しています。防犯カメラの映像は管理室にあるレコーダーに録画されており、さかのぼって再生可能です。
    ※管理組合によるレンタル契約となります。

  • 防犯サムターン&鎌デッド錠

    玄関扉の外から穴を開け、特殊な工具でドアを開錠して侵入する、サムターン回しという侵入手口に対処する開錠つまみを採用しました。また、施錠をするためのデッドボルト自体を鎌形状としています。鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にがっちりかみ合い、バールなどのこじ開けに強く抵抗します。

  • ふた付ドアアイ

    外からのぞきこんで中に人がいるか確認できないよう、ドアアイに裏ぶたを付けています。

  • ドアガード

    玄関扉の内側には、工具を使用しての切断にも強い、防犯性能にすぐれたドアガードを採用しました。

  • 防犯センサー

    玄関扉と窓※に防犯センサーを設置。窓等に設置されたマグネットセンサーが異常を感知すると、居室内にアラーム音が出ると同時に、警備会社に自動通報されます。
    ※FIX部分を除く

  • F22シリンダー

    住戸玄関キーは、理論上約5兆5千億通りもの鍵違い数を有した、不正解錠が極めて困難なF22シリンダーを採用しています。

  • 非接触型(キーヘッド式)

    キーを鍵穴に直接差し込むことなく、キーをオートロック操作盤にかざすだけで解除できる非接触キーを採用しています。

  • エレベーターモニター

    密室化による危険を防ぐため、1階乗り場には、かご内を見通せる防犯モニターと防犯カメラを設け、安全性の向上を図っています。

  • TVモニター付インターホン

    エントランスのオートロックを室内から解除できるよう、TVモニター付インターホンを設置。声だけでなく画像も確認できるため、不審者の侵入や煩わしい訪問勧誘を未然に防ぐことができます。

  • 24時間集中監視システム

    住戸内のインターホンから侵入異常、火災通報、非常通報などを警備会社(ALSOK)へ自動通報。必要に応じて、警備員が駆けつけます。

SAFETY

  • 地震感知(P波センサー)

    地震には初期微動P波と、揺れの大きいS波があります。P波はS波に比べて伝わる速度が速いため、大きな揺れに先がけてやってくるP波をセンサーがキャッチして、最寄り階に着床して扉を開きます。

  • 防災倉庫

    地震などの災害により、ガス、水道、電気などのライフラインが断たれた場合を想定し、防災用の備蓄倉庫を配置。万一の災害に備えています。
    ※写真はイメージのため、実際の備品内容とは異なります。

  • AED

    心停止に対する有効な救命処置として急速に普及しつつあるAED(自動体外式除細動器)をメールコーナーに設置。
    ※管理組合によるレンタル契約となります。

  • 足元灯

    人の動きや明るさを感知して、自動点灯・消灯します。また、本体内蔵式の充電池により、停電すると自動点灯します。

※掲載の写真は、Ftypeモデルルームを撮影(平成29年3月)したもので、一部オプション(有償)が含まれています。
また、家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。仕様の一部については変更になる場合がございます。